NEWS

Architizerの主催する「第10回The Architizer A+Awards 2022」Firm of the Year Best of Asia において弊社が最優秀賞にあたる審査委員賞を受賞しました。

お知らせ

世界的な建築メディア、Architizerの主催する「第10回The Architizer A+Awards 2022」Firm of the Year Best of Asia において弊社が最優秀賞にあたる審査委員賞を受賞しました。

アジアの最優秀建築設計事務所を決めるこのカテゴリーのファイナリストには台湾の大御所クリス・ヤオ率いるARTECH、中国深圳のAtelier XI、上海のAtelier Ping Jiang / EID Arch、広州のランドスケープ事務所Guangzhou S.P.I Designと弊社の5社が選ばれました。
最終審査の結果、弊社が審査委員賞、クリス・ヤオが一般投票賞を受賞しました。キー・オペレーションの17年にわたる設計活動が、中国や台湾の有名建築設計事務所をおさえて、アジアで一番の建築設計事務所として評価されました。
またプロジェクト部門の集合住宅5-10層カテゴリーでは弊社が建築デザイン監修を行った「桜木町の集合住宅(ZOOM横浜桜木町)」がファイナリスト5プロジェクトに選ばれました。

今年は100カ国から5000以上のプロジェクトの応募があり、Adjaye Associates、Neri&Hu Design and Research Office、隈研吾建築設計事務所等の有名事務所も選ばれています。
また今年から新たにファームアワードを追加され、Zaha Hadid Architects、Studio Toggle 、Skidmore, Owings and Merrill (SOM)等の世界の様々な規模や専門の事務所の功績を称えています。

RECOMMEND POSTS

関内の集合住宅の解説動画

神宮前の小さな参道がArchitectural Review の Future Project Awards 2021 を受賞し、7/15(木)17:30 – 18:00にWebinarでプレゼンテーションいたします。

2021.07.14

最高の間取りをつくる本

2011.12

  • TOP
  • NEWS
  • Architizerの主催する「第10回The Architizer A+Awards 2022」Firm of the Year Best of Asia において弊社が最優秀賞にあたる審査委員賞を受賞しました。