NEWS

関内の集合住宅がグッドデザイン賞を受賞しました。

お知らせ

審査員の評価

共同住宅は、得てして一見して共同住宅とわかってしまうものだ。街並みを意識して共同住宅のファサードをデザインしようと思った時には、バルコニーや手摺り、雨樋などの存在と深く関わることになる。その上で同じ単位の反復によってできるファサードは、往々にして街並みに単調で退屈な印象を与えてしまうものだ。この計画は、超薄型コンクリートパネルによって、共同住宅特有のユニット単位の繰返しではなく、ランダムで動きのあるユニークな街のファサードとしてデザインされている。大きな共同住宅の立面は、街のファサードになるのだから、このデザインに注がれた努力には敬意を表したい。

RECOMMEND POSTS

”不動前の空地”がArchelloに掲載されました。

2020.10

龍福軒の竣工写真をアップいたしました。

2018.08.23

”不動前の空地”が Architizer 主催の A+Awards において、Residential > Apartment カテゴリにおいて、ファイナリストに選出されました。

  • TOP
  • NEWS
  • 関内の集合住宅がグッドデザイン賞を受賞しました。